バディ・ホリー : Buddy Holly

バディ・ホリー(Buddy Holly、1936年9月7日 – 1959年2月3日)は、アメリカのミュージシャン。本名はチャールズ・ハーディン・ホリー(Charles Hardin Holley)。
しゃくりあげるように歌う「ヒーカップ唱法」や、ツイン・ギターにベース、ドラムというロック・バンドの基本的編成等、ビートルズをはじめとする、後進たちに大きな影響を与えた。

バディ・ホリーは、1936年9月7日にテキサス州ラボックに生まれる。
高校時代からバンドを結成して音楽活動を開始。当初はカントリーを演奏していたが、エルビス・プレスリーの影響をうけ、ロックンロールに転進。

1957年クリケッツを率いて、「ザットル・ビー・ザ・デイ」でデビュー。
さらに、「イッツ・ソー・イージー」「ペギー・スー」などのヒットで一躍ロックンロール・スタートなる。

しかし、1959年2月3日、ツアーの移動中に登場していた飛行機が墜落。22年の短い生涯に幕を閉じる結果となった。

ペギー・スー Peggy Sue (1957)

バディー・ホリーのバンド「クリケッツ」のドラマー、ジュリー・アリソンの恋人の実名を冠する曲で、全米3位、全英6位のヒットを記録。
「恋人の曲を捧げたい」というアリソンのリクエストを受け、バディ・ホリーは未発表曲「シンディ・ルー」を改変、彼女の名前と「愛してる」が連呼される熱っぽいラブソングで、当のアリソンもパラディトルを駆使したドラミングで楽曲を熱くしている。1959年には続編「ペギー・スーの結婚」も発表された。

「バディ・ホリー : Buddy Holly」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 100 RocknRoll.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です